• ■HOME■
  • BLOG
  • MAIL
  • ≡SITEMAP
  • HOME > カテゴリー: MOVABLETYPE

    MOVABLETYPE


    レスポンシブテンプレート for MovableType5-7

    MovableType3.3(動作確認済) ※ただしテーマは利用できず
    MovableType4(動作未確認)
    MovableType5(動作確認済)
    MovableType6(動作確認済)
    MovableType7(動作確認済)

    ダウンロードファイル

    「theme from ~」フォルダ(MovableType5-7用テーマ)

    MovableType5-7用のテーマフォルダ
    JavaScriptファイル
    imgフォルダ(画像)

    MovableType3.3用テンプレート(インデックステンプレート、アーカイブテンプレート、テンプレートモジュールの各テキストファイル)も同梱しております。

    インストール方法

    Themeフォルダに、MT5フォルダ内のテーマフォルダをアップロードし、テーマを選択して適用すれば、簡単にインストールできます。

    JavaScriptファイル2つと、imgフォルダは、ブログのトップページ設置と同じ階層(ディレクトリ)に設置します。

    特別なMTタグやプラグインを使用していないため、MovableType5,6,7のバージョンでも動作します。

    MovableType3と同様に、MT3フォルダ内のテンプレートを一つ一つ、管理画面において、テキストファイルの内容を貼りつけることもできます。

    ダウンロード方法&設置・運用方法のご説明

    http://kanehara.net/movabletype/

    レスポンシブテンプレート for MovableType

    SEOに特化したhtmlコード、下記の特徴があります。

    Title、Descriptionを自動生成します

    人為的に入力することによるページ説明の乱れを廃し、Descriptionが検索結果に表示されやすいことが経験上からは見られます。

    HTML5による文書構造

    header、main、nav、article、section、aside、footerタグにより、文書構造と、コンテンツの重要性を検索エンジンに伝えます。

    パソコン、タブレット、スマホの3段階レスポンシブ

    アコーディオンメニューによりサイト内回遊性を高めます

    Inclideタグでテンプレートモジュールをお好みで挿入

    レスポンシブテンプレート04 for MovableType3.3 (- 5, 6, 7)

    パソコン / タブレット / スマートフォン表示

    タブレット表示

    スマホ表示

    サンプルサイト

    ダウンロード方法&設置・運用方法のご説明

    テンプレートのダウンロード

    note内の筆者の有料ページにて、ダウンロードURLを記載しています。有料ページの閲覧には、noteでのユーザー登録が必要になります。

    有料ページの閲覧料金で、ご自由にダウンロードしていただくことができます。

    使用方法、設定方法はこのサイトにてご説明いたします。

    ダウンロードファイル

    下記のZIPファイル(選択したテーマのもの)がダウンロードできます。

    ZIPファイルの中身は、下記のとおり、「MOVABLETYPE」(選択したテーマのもの)フォルダになっています。

    「MOVABLETYPE」フォルダの中身は、下記の通り、「MT3」フォルダ、「MT5」フォルダと、「bootstrap.min(3.36フルバージョン).css」になります。

    それぞれの用途

    「MT3」フォルダ

    MovableType3.3はもちろん、それ以降のバージョンである5(オープンソース版)で使用できます。特殊なタグやプラグインを使用していないため、最新版でも使用できます。
    テンプレート、アーカイブテンプレート、テンプレートモジュールを、テキストファイルで用意しています。
    MovableTypeの管理画面で、各テキストファイルの中身をテンプレートにすれば、設定できます。

    imgフォルダには、このサンプルサイトで使用しているのと同じ画像が入っています。imgフォルダは、MovableTypeで作成するサイトのトップページと同じ階層に設置します。

    「MT5」フォルダ

    MovableTypeのテーマです。
    MovableType5以降では、テーマのインポートをすることにより、使用できるようになっています。

    「bootstrap.min(3.36フルバージョン).css」

    各テーマでは、インデックステンプレート中に、bootstrap3.36のcssと、独自のstyle.cssを使用しています。

    bootstrapのcssは非常に長いため、カルーセルなど、使用しないcssは省いています。
    bootstrapのその他のさまざまな機能を利用したい場合には、bootstrapのサイトでダウンロードするか、bootstrap.min(3.36フルバージョン).cssに差し替えて、ファイル名をbootstrap.min.cssに変更して使用できるため、同梱しています。
    必要がなければ使用しません。

    imgフォルダ

    imgフォルダは、このサンプルサイトで使用している画像を格納しています。

    MovableTypeで作成するサイトのトップページと同じ階層に、imgフォルダをFTPでアップロードします。

    ※異なる階層に設置する場合には、テンプレートで使用している画像のURLを修正する必要があります。

    サイトマップで使用している画像は、他の画像に変更できます。
    幅は変えない方がよいですが、画像の高さは変更できます(例えば正方形にできます)。

    JavaScript

    MovableTypeで作成するサイトのトップページと同じ階層に、2つのJavaScriptをFTPでアップロードします。

    ※異なる階層に設置する場合には、テンプレートで使用しているScriptのURLを修正する必要があります。


    テンプレート一覧
    インデックステンプレート
    ※各テーマとも共通

    名前 出力ファイル名

    404エラー 404error.html
    bootstrap bootstrap.min.css
    htaccess .htaccess
    sitemap.xml sitemap.xml
    サイトマップ sitemap.html
    スタイルシート style.css
    メインページ index.html

    アーカイブテンプレート
    ※各テーマとも共通
    ※アーカイブパスは自由に設定可能(下記は当方推奨のアーカイブパス)

    名前 アーカイブパス

    ウェブページ folder-path/page-basename.html
    カテゴリ別ブログ記事リスト <$MTCategoryLabel dirify=”1″$>.html
    ブログ記事 archives/<$MTEntryID$>.html
    月別 %y%m/%i

    テンプレートモジュール
    ※「Toppage_ad1」「Toppage_ad2」は、テーマによっては「Toppage_ad」のみ存在
    ※「Navigation_menu」はテーマにより存在しない

    Accordion_menu
     アコーディオン開閉式新着記事。注目記事等にカスタマイズ可。
     トップページにてInclude。不要ならInclude削除。
    CategoryCanonical
     カテゴリーページの他との重複ページを避けるため、特定のカテゴリーで、カテゴリーページ以外にcanonical設定可。
     カテゴリーページのheadにてInclude。使わなければそのまま。
    Categorypage_ad
     カテゴリーページ下部の広告スペース。
     及びSNSシェアボタン、更新日時、著者ページへのリンク。
     カテゴリーページにてInclude。不要ならInclude削除。
    EntryCanonical
     エントリーページの他との重複ページを避けるため、特定のカテゴリーで、エントリーページ以外にcanonical設定可。
     エントリーページのheadにてInclude。使わなければそのまま。
    Entrypage_ad
     エントリーページ下部の広告スペース。
     及びSNSシェアボタン、著者ページへのリンク。
     エントリーページにてInclude。不要ならInclude削除。
    Footer_left
     Footer左側自由欄。全ページにてInclude。
    Footer_right
     Footer右側自由欄。全ページにてInclude。
    Lastmodified
     カテゴリーページの更新日時、必要に応じ手動入力。
     テンプレートモジュールCategory_adにて読み込み。
     カテゴリーページにてInclude。不要ならInclude削除。
    Navigation_menu(テーマ03)
     ページ上部ナビゲーション設定
     全ページにてInclude。
    Sitemap
     ページ上半部カテゴリーメニュー。メニュー1~5の4つ分。
     全ページにてInclude。
    Sitemap2
     ページ上半部カテゴリーメニュー。メニュー5~8の4つ分。
     全ページにてInclude。不要ならInclude削除。
    Toppage_ad1(テーマ01,02)
     トップページ上半部の広告スペース。
     トップページにてInclude。不要ならInclude削除。
    Toppage_ad2(テーマ03,04はToppage_ad)
     トップページ下部の広告スペース。
     及びSNSシェアボタン、著者ページへのリンク。更新日時、必要に応じ手動入力。
     トップページにてInclude。不要ならInclude削除。
    Toppage_entry
     最新記事全文。初期値は全文で、記事1つ。
     記事数の変更や、特定のカテゴリーのみにするなど、カスタマイズ可能。
     トップページにてInclude。不要ならInclude削除。
    Whatsnew1
     新着記事概要。初期値は4つ。
     エントリーのキーワードに img src タグを入れれば、サムネイル表示。
     キーワードを入れなければデフォルト画像。
     記事数の変更や、特定のカテゴリーのみにするなど、カスタマイズ可能。
     トップページにてInclude。不要ならInclude削除。
    Whatsnew2
     新着記事概要(横並び2列)。初期値は4つ。
     エントリーのキーワードに img src タグを入れれば、サムネイル表示。
     キーワードを入れなければデフォルト画像。
     記事数の変更や、特定のカテゴリーのみにするなど、カスタマイズ可能。
     トップページにてInclude。不要ならInclude削除。


    レスポンシブテンプレート01 for MovableType3.3 (- 5, 6, 7)

    パソコン / タブレット / スマートフォン表示

    MT3でimgフォルダ&JavaScript設置


    MT3フォルダ内は、下記のようになっています。


    MT3でテンプレート手動更新

    フリーエリア


    フリーエリア
  • 運営者情報

  • 〒152-0000 東京都目黒区

  • 東急東横線・都立大学駅徒歩7分、自由が丘駅徒歩15分

  • [営業時間]

  • [定休日]

  • [TEL] [FAX]

  • プライバシーポリシー  | サイトご利用規約  | 著作権

  • ACCESS

  • 東急線徒歩7分